講座の受講者からの声


 本学のキャリアセンターから依頼されて開講している技術士補資格試験講座を平成28年度に受講した2名の学生から試験合格の喜びの声が届いています。

    【山本 大地さん】受講・受験当時 農学部生物資源学科 2年
 受講者の山本さん私が技術士補の授業を受講するきっかけとなったのは、磯前教授の授業です。そこで興味深い資格だなと思い、受講しました。講義は、周りが静かに受けていたので、私も自然と集中して受けることが出来ました。 授業の内容では、解答する時間、解説の時間と分けられていて、効率的に授業を進めているなと感じられて、頭にもスッと入ってきました。 特に最後の授業の過去問題を試験さながらやってくださって、本番へのイメージや時間配分を考えるのに凄く役に立ちました。 授業以外での勉強内容はまず、問題傾向をみて、それから過去問題をとにかく解いて、わからない単語が出てきたら、調べてるということを繰り返しやっていました。また不正解の選択肢にも目を通し、どこが間違ってるかをはっきり調べて理解していきました。 実際に本番で不正解の選択肢に似た問題がでてきて、これをやってよかったと思っています。また、本番前は間違えた問題を再度解き直し、次は間違えないぞと意気込んで臨みました。
本番では不安しかなかったですが、解ける問題を確実に解いていき、最後の最後まで諦めなければ、合格できると自分で思い続けた結果、合格できました。 これからは、技術士の元で働ける企業に就職し、技術士を目指して頑張ります。

    【浅野 元喜さん】受講・受験当時 農学部生物資源学科 2年
 受講者の山本さん私は技術士第一次試験対策講座の専門(農業)+基礎・適性コースを受講しました。私が技術士補講座を受講しようと思ったきっかけは、学校の授業以外で何か自分のために勉強をしてみたいと思ったからです。何かを頑張ったという証が欲しいという思いや、他の人よりも前に進んでいたいという思いもありました。
授業形態としては基礎科目、適正科目、専門科目それぞれで、総論的な授業があった後に過去問題を解き、それに基づいた解説をするという形をとることが多かったです。
受験をするにあたっては授業で配布されたものを中心に復習し、分からないところや理解が足りないところを他の教材で学習していました。また、専門試験の内容は普段の講義で聞く内容とかぶっているところも多く、常日頃から大学の講義をしっかり聞いておくことが合格への近道のように感じました。講座内で本番を想定した模試を実施していたので、受験本番もさほど緊張しないで臨むことができました。
私は公務員の農業技術職を志望しているのですが、そこの採用試験で実施される専門試験と技術士第一次試験農業部門の専門試験は内容がよく似ているため、技術士補講座を受講することで公務員試験の勉強のいいスタートを切ることができるのではないかと思います。  自分の価値を高めるためや、業務についての理解を深めるためにもゆくゆくは技術士の資格にも挑戦していきたいと考えています。

    【山田 早央莉さん】受講・受験当時 農学部生物資源学科 1年
 受講者の山田さん私が技術士補(農学)講座を受講したのは就職のために何か資格をとろうと思ったことがきっかけです。私は農学系の仕事に就きたいと思っていたので、興味の持てた農学系の講座を受けることにしました。 私は受講当時一年生だったので、農学の専門分野も学校の授業でも習っていないはじめて聞く単語しかなくて覚えてるのが大変でした。受講教室でも2年生以上が多く、授業でやったような反応をしていたので焦りました。基礎、適性分野ももちろん初めて見る問題ばかりだったので内心、試験受かるかどうか不安でした。しかし講座中、先生達は半分(点を)取れれば受かる、と何回も励ましてくれたので私はそれを信じて半分取れればいいという気持ちで夏休みに勉強しました。講義内で先生達が、過去問の傾向から今年はこれが出そう、これは重要だ、など解説してくださったのでそれを中心に問題を解きました。わからないことは先生に聞いたり、自分で調べました。 試験会場で試験を受けて、半分いったかいかないくらいの点数かなと思っていたので、合格通知が来た時は驚きつつも嬉しかったです。
 今二年生になって授業で習うことが技術士補の試験範囲とかなり被っています。付け焼き刃な部分があったのでもう少しきちんと勉強していればよかったなと思いましたが、資格を取れたことで自分のステータスをあげることが出来たと思います。今は公務員講座を受講しているので今回の合格を自信に、引き続き勉強を頑張っていきたいです。
 
inserted by FC2 system